>>プレミアムウォーターレビューnow!調査内容募集中

レモン水の効果・効能に触れながら女子に人気の作り方を紹介


レモン水の効果的な作り方を特集します。
[d_box type=”map_pin” color=”blue”]

[label color=”blue” text=”特集”]先にレモン水の効果的な作り方をチェックする!

[/d_box]  
ただのお水じゃいまひとつスッキリしない・・・
そんな時におすすめしたい女子向きの水分補給方法こそ、『レモン水(レモンウォーター』です(^^)
 
カロリーも低く、ただ単純に美味しいお水で水分補給するよりも高い美容効果・ダイエット効果が得られる方法として昔から大人気!
最近では、レモン水より甘いハニーウォーターの人気も徐々に高まっていますが、よりコスパの高い栄養補給方法として考えるなら、レモン水が1番効率的です。
 
ですが、何も考えずにレモン水を飲んでいても、その効果を十分に得られない可能性が高いことを知っていましたか?
それでは、『より美味しく・効果的な』レモン水の作り方・飲むタイミングについてご説明しますね。
友達より一歩先の美へ進むチャンスとお考え下さい!

レモン水の効果・効能

レモン水の効果・効能を詳しく特集します。
レモンウォーターの効果は手軽なわりと美味しくアレンジも楽しめますので、面倒くさがり屋さんでもゴクゴク美味しく続けれます。
そのため、どなたでも下記のような効果・効能を感じやすいのです(^^)
 

デトックスウォーター(ダイエット効果)

レモン水が爆発的に人気になった最大の理由が、こちらのデトックスウォーターとしての効果・効能です。
実はレモンの皮(黄色の部分)には、食事の脂質をブロックしてくれるヘスペリジンがたくさん配合されています。
つまり、脂っこい食べ物を食べてもレモン水を飲むと太りにくくなるという事なのです(^^)
 
また、レモンにはおしっこを普段以上に排出してくれる利尿作用もありますので、自然なダイエット効果が期待できます。
ですが、どんなに評判の高いデトックスウォーター(レモン水)ですが、あくまで『お水』ですので最低でも3ヶ月間は継続して飲んで下さいね(>_<)
 

お肌が水々しくピチピチ効果

わたしが説明する必要がないくらい認知されていることですが、レモンにはシミ・シワの進行を防いでくれるビタミンCが大量に含まれています。
即席レモン水としてポッカレモンを使用している人も多いようですが、お肌をキレイにしてくれる働きを重点的に求めてる場合は、生のレモンを使うように心がけましょう。
 
また、仕事や学校・家事、育児などでストレスが溜まってしまうと、シミ・シワの原因でもある活性酸素が体内を充満してしまいます(T_T)
こんなストレスにもレモンは効果的!
体内をリラックスし、副交感神経の働きを促進してくれる成分でもある『リモネン』も多く含まれていますので、ストレスや生理前の肌荒れを抑制してくれます。
 

便秘を自然に改善してくれる

あまり知られていませんが、レモンには腸のぜん動運動を促進してくれる食物繊維の『ペクチン』を含んでおり、運動不足が原因でなりやすい便秘を解消してくれる働きも最近になり注目されています。
実は男性と比較して、女性は冷えが原因で腸の活動が低下しがちです。。。
 
レモン水を継続して飲むことで、お水=便を柔らかくし・レモン=腸を動かしながら、便秘になりにくい腸へと成長させる働きに一役買ってくれます。
 

喉を優しく労る

レモンには細菌を殺傷してくれる働きもありますので、喉が痛い時にレモン水を飲むと治りが早くなると口コミ評判が高いですね(^^)
また、飲むと喉に刺激がある場合でしたら、普段より少し濃い目のレモン水でうがいをする方法も合わせておすすめしたいです。
 
うがいをレモン水で行う場合でしたら、『岩塩+ミネラルウォーター+レモン水』のレシピが最も早くあなたの悩みを解消に導いてくれます。
 

口コミ/レモン水の効果的なレシピ(作り方)

レモン水の効果を特集します!
[box color=”blue-cream” title”] レシピ上では、ミネラルウォーターと表現していますが、ウォーターサーバーのような天然水を活用するのが最も効果的なレモン水のレシピです。

[label color=”blue” text=”関連記事”]女子向きのおしゃれなウォーターサーバーランキング

[/box]  
少しおしゃれなイメージが強く、インスタ映えするレモン水ですが、作り方は至って簡単!
ハニーウォーターみたいに、通販で揃えるモノは何もない所も、レモン水が多くの女性に支持されている理由の一つかも知れませんね。
 

基本的なレモン水のレシピを先に確認

[d_box type=”clip” color=”orange”] コップ1杯のミネラルウォーター
生レモン or ポッカレモン適量
[/d_box]
美容健康お通じ免疫力
特徴

ポッカレモンでしたら、料理に使うことも多い定番アイテムですので、仮に持っていない場合は近所のスーパーに走って頂ければ簡単に見つかります!
生レモンも同様にスーパーで100円程で買える点も、学生から主婦と幅広い層に支持されている理由の一つです。
 

塩レモン水

塩レモン水ならヒマラヤ岩塩がおすすめ!
[d_box type=”clip” color=”blue”] 岩塩
ミネラルウォーター
レモン
[/d_box]

美容健康お通じ免疫力
特徴
特に夏場におすすめしたい飲み方の塩入りレモン水。
その中でも、特に塩分濃度が高いヒマラヤ岩塩がおすすめです。
食塩でしたら、ご家庭にある塩でも極論問題ありませんが、天然ミネラル成分を豊富に含んでいる専門的な岩塩の利用が最適です。
 
初めは少し塩辛く感じてしまうかも知れませんが、岩塩量を調節しながら1番美味しいと思える分量でお飲み下さい♪
喉をうがいする時のレモン水としても人気の高い作り方ですね。
 

ミント入りレモン水

ミント入りレモン水もおすすめ
[d_box type=”clip” color=”blue”] ペパーミント(スーパーで買える)
ミネラルウォーター
輪切りレモン
[/d_box]

美容健康お通じ免疫力
特徴

食べ過ぎ・飲み過ぎ等の胃のムカムカを解消してくれることでも知られているミントも、レモン水のレシピとして定評があります。
レモンの代わりにライムを入れても美味しく、他のレモン水の作り方と比較して爽快感が特徴です。
 
ホットでも美味しいのですが、お風呂上がりにグビッと冷えたミントレモン水を楽しみたいですね(^^)
風邪気味時の水分補給しても活躍してくれます。
 

レモンティー

手軽で美味しいレモンティー
[d_box type=”clip” color=”blue”] お好きな紅茶
ミネラルウォーター
レモン
[/d_box]

美容健康お通じ免疫力
特徴

紅茶の甘味と、レモンの爽快感が特徴の定番中の定番のレモン水レシピです。
紅茶は、抗酸化作用の働きによって美容に良いのは既にあなたのご存知のはず。
 
そんな抗酸化作用の紅茶と、レモンが合わされば・・・私が説明するまでもありませんよね(^^)
レモン水では少し味気ないと思っている多くの男女に好まれている美味しいレモン水の飲み方です。
[box color=”blue-cream” title”] お一人用でしたら、お気に入りのコップに上記のレシピを参考に作って頂ければ大丈夫ですが、パーティー等でレモン水を知人に出したい場合でしたら、少し大型のドリンクサーバーを用意すると、より一層レモン水がおしゃれに見栄えしますよ♪
[/box]  

レモン水の飲むタイミング

極論いつでもあなたのお好きな時間帯に飲んで頂いて全く問題ありません。
ですが、レモン水の働きを最大限にまで高めたい場合でしたら、得られる効果によってレモン水の飲むタイミングを意識的に変えるべきです(^^)
 

寝る30分前にコップ1杯ゆっくり飲む(美容)

お肌が1番キレイになる時間帯のことを『ゴールデンタイム』と呼ぶことはあなたのご存知のはず。
このゴールデンタイムの時間帯に合わせてビタミンC・リモネンを配合したレモン水を飲んで頂くことで、よりゴールデンタイムの働きを促進させることに成功できます(^^)
ですが、レモン水には利尿作用もありますので、コップ1杯程度(100ml〜200ml)が目安です。
 

朝1番に常温状態のレモン水を飲む(健康)

健康を意識したレモン水のある生活でしたら、1番血液がドロドロで、血糖値が上昇している朝一番にレモン水を飲むことをおすすめします。
ちなみに、朝は臓器の活動が低下していますので、キンキンに冷えた冷水じゃなく常温状態のレモン水としてお飲み下さい。
 

レモン水グラス・お一人様用

レモン水のレシピを紹介させて頂いた時にもお伝えしましたが、レモン水用に新しくグラスを購入しても効果に違いは現れません。
では、なぜレモン水グラスを紹介するのか?
それはおしゃれなレモン水を飲むなら、グラスもおしゃれに飲みたいと考えるのが当然!
女性でしたら分かって頂けますよね(^^)
通販で簡単に買えるグラスに絞って、簡単にお値段別でご紹介します。
 

1円〜1,000円

1,000円以下で変えるグラスですが、おしゃれなデザインでレモン水をより一層美味しく仕立ててくれますね(^^)
 

1、001円〜2,000円

1,000円以下のグラスは、主に飲み口が広めのグラスが多いのですが、1,000円以上グラスにお金をかけると、レモンティーをより一層映えるおしゃれグラスが手に入ります。
 

レモン水の豆知識

レモン水の豆知識をご紹介します。
では、最後にレモン水を継続して飲む際に知っておいたほうが良い豆知識をご紹介します。
効果・効能や飲み方・飲むタイミングも重要ですが、知識としてレモン水にまつわる事柄も知っておくことで、あなた独自のレモン水の働きを体感できる可能性が飛躍的に向上します(^^)
 

飲み過ぎると下痢になる可能性あり

いわゆる『レモン水の副作用』と呼ばれている代表的な症状。
冒頭付近のレモン水の効果・効能でもご紹介した通り、レモンには腸のぜん動運動を活発にさせる働きがあります。
 
1日500ml程度のレモン水でしたら、特に問題ありませんが一時に大量にレモン水を飲んでしまうと、腸内が活発になり過ぎてしまい下痢に違い症状を引き起こしてしまう原因になりかねません(T_T)
 

レモンエキスが浸透しやすい純水を使う

より美味しく飲む為の豆知識として知って頂きたいのが、お水の種類によってレモンエキスの浸透具合が異なるという点です。
ミネラル成分が多く配合してるお水だと、レモンの栄養成分と喧嘩してしまい本来のレモン水の働きを十分に感じ取れない可能性が少なからず存在します(T_T)
 
より効果的なレモン水でしたら、水道水よりも適度なミネラル成分が特徴の天然水や、赤ちゃんのお水としても評判のアクアクララのピュアウォーター水の利用が最適ですね。
 

コスパ◎のレモン水・まとめ

ダイエットに効果的なレモン水・まとめ
お水を飲むだけでもデトックス効果が得られますが、レモンを入れることでより一層効果に磨きがかかります。
上でわたしが紹介したおすすめレシピや、グラスを揃えても500円程の値段で美容・健康に絶大な働きが期待できるレモン水は美意識の高い女性でしたら一度は試してみるべき美容水です(^^)
 
ぜひ、あなたの美の生成にこの記事がお役に立てたのであれば嬉しいです。

[label color=”blue” text=”関連記事”]ハニーウォーター(はちみつ水)の効果的な作り方&飲み方は?

[label color=”blue” text=”関連記事”]おしゃれウォーターサーバーランキング【2017年度版】


タイトルとURLをコピーしました